ホーム  >  東淀川区の土地・不動産査定を相談!リフォームの魅力やポイント

東淀川区の土地・不動産査定を相談!リフォームの魅力やポイント

不動産売却を行う際、少しでも高く・早く売るためにリフォームを検討する人もいます。この記事では、東淀川区で不動産査定を行うセンチュリー21令和都市開発が、不動産売却におけるリフォームのメリット・デメリット、リフォームをする際に気をつけるべきポイントについて解説しています。

家を売る際にリフォームするメリット・デメリット

メリット・デメリット

家を売る際、リフォームをするべきかどうか悩む人もいます。ここではリフォームのメリット・デメリットについて紹介していますので、これを参考にしてリフォームの必要性を判断するとよいでしょう。

1.リフォームのメリット

リフォームをするメリットは以下の通りです。

  • 買主に与える印象が良くなる
  • 住むことをイメージしやすい
  • 買主のローンが少なくて済む

リフォームを行う最大の目的は、きれいに見せることで買主に与える印象が良くなり購入に結びつきやすくなることです。誰でも、古くなって生活感のある家よりもきれいで設備の整った家に住みたいと思うものです。

また、売主がリフォームをしておけば、買主は購入後すぐにその家に住むことができます。内覧の時点で家族の部屋の分配や家具の配置など、住むことを具体的にイメージできるので、引越しもスムーズに進みます。

買主がリフォームを行う場合は、物件購入費用と合わせてリフォーム費用をローンで借りる必要があります。しかし、リフォーム済の物件であればリフォーム費用を借りる必要がなくなるので、金銭的な負担をかなり減らすことができます。

2.リフォームのデメリット

リフォームをするデメリットは以下の通りです。

  • リフォーム費用を売却費用に上乗せできない
  • リフォームの好みが違うことが理由で買主が見つからない
  • リフォーム工事中は売却活動ができないため売却時期が遅れる

リフォームを行っても、一般的にその費用を売却費用に上乗せすることはありません。上乗せしても、相場よりも高額になってしまうので売れにくくなってしまいます。リフォームの費用は売主が負担するものと覚えておきましょう。

また、リフォームを売主の好みで行ってしまうと嗜好のズレが生じ、買主が見つかりにくくなる可能性もあります。最近では、自分の好みでリフォームするためにあえて中古物件を購入する人もいるので、売主によるリフォームはリスクになってしまうかもしれません。

また、リフォーム期間中は売却活動や内覧ができないため売却時期に遅れが出ます。急いで売らなくてはいけない人にはリフォームはおすすめできません。

センチュリー21令和都市開発は、リフォーム以外の方法で家の価値を高めるサービスを導入しております。リフォームによる売主様の費用負担がなくなり、買主が見つかりやすくなるため利用する価値のある魅力的なサービスです。詳しい内容は、下記のリンクより確認することができます。東淀川区で不動産を手放す方は、まずはセンチュリー21令和都市開発の無料査定をご利用ください。

リフォームする際のポイント

リフォーム

家の売却においてリフォームをする場合、メリット・デメリットの両方があります。しかし、売主にとってのメリットは少ないため、無理してリフォームを行う必要はありません。また、最近では買主がリフォームするのが主流となっています。

ただし、場合によってはリフォームが必要になるケースもあります。

1.リフォームが必要になるケース

あまりにも劣化が激しい箇所がある場合は、最低限のリフォームをしましょう。具体的な劣化は以下の通りです。

  • 雨漏り
  • シロアリ
  • 外壁塗装の剥がれ
  • 畳の傷み
  • 壁紙の汚れ

これらの場所は生活感が出やすく、買主からのマイナス評価を受けやすい箇所です。明らかな劣化と捉えられる箇所に関してはリフォームを検討しましょう。

2.リフォームする際のポイント

状況に応じてリフォームが必要になった場合は、以下の2つのポイントに注意しましょう。

  • 費用をかけすぎない
  • 好みが分かれる箇所はリフォームしない

先程も紹介しましたが、リフォーム費用はほぼ回収できません。そのため、高額な費用をかける必要はなく、最低限きれいに見せることができれば十分です。

また、好みの出やすいキッチンやお風呂などは基本的にリフォーム不要です。あくまでも物件の印象を良くするためのリフォームにとどめておきましょう。このような最低限のリフォームをするだけで、類似物件と差がつき、売れる可能性を高めることもできます。

東淀川区の不動産売却なら無料の不動産査定を利用すると便利!土地や建物の相談はお気軽に

不動産売却の際に問題となるリフォームについて解説しましたが、リフォームの必要性を判断するのは素人にはなかなか難しいことです。そこで、まずは不動産査定を利用して不動産の価値を確かめ、リフォームの必要性をプロに相談してみてはいかがでしょうか。

センチュリー21令和都市開発では、東淀川区の土地や建物の不動産査定を無料で行っております。「不動産の価値を知りたい」という相談でも構いませんので、お気軽にご利用ください。また、リフォームの必要性やポイントについても相談可能ですので、ご自分で判断できない方はご連絡ください。

東淀川区で不動産査定をするならセンチュリー21令和都市開発へ

会社名株式会社令和都市開発
サイト名センチュリー21令和都市開発
代表者名石原 利憲
住所〒533-0004 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目10−22
TEL06-6160-1018
FAX06-6160-1019
MAILc21@reiwa-018.com
URLhttps://www.reiwa-018.com/
営業時間10:00~20:00
定休日水曜日
事業内容不動産の売買・賃貸および仲介・管理
所属団体(公社)全日本不動産協会
免許番号大阪府知事(1)第61096号
概要大阪市東淀川区・寝屋川市を中心に、一戸建て・マンション・土地の買取・査定を行う不動産業者です。不動産買取・売却の査定は無料です。お持ちの不動産を即現金化したい方はもちろん、とりあえず相場だけ知りたい方や値段次第で売却したい方のお問い合わせもお待ちしています。大阪市東淀川区・寝屋川市で不動産買取をお考えでしたら、ぜひセンチュリー21令和都市開発へご相談ください。

ページの上部へ