ホーム  >  東淀川区の不動産査定!中古一戸建てやマンションの査定ポイント

東淀川区の不動産査定!中古一戸建てやマンションの査定ポイント

この記事では、査定額に関する注意点を解説していますので、査定額の正しい意味や成約金額との違いなどについて理解することができます。また、不動産の売り出し金額の決め方についても紹介しています。東淀川区の不動産査定ならセンチュリー21令和都市開発にご依頼ください。

中古一戸建てやマンションの査定額に関する注意点

査定額

中古一戸建てやマンションの売却をする際は、不動産査定を行うのが一般的です。しかし、査定額について正しく理解している人は少なく、誤った認識のまま売却が進んでしまうこともあります。ここでは、査定額に関する注意点を3つ紹介します。

1.査定額

そもそも査定額とは、売却予定の物件が「およそ3ヶ月以内に売却できる予想金額」のことです。つまり、絶対にこの金額で売れるというものではなく、あくまでも売れる金額の目安に過ぎません。

この査定額は、景気の動向や過去に売れた不動産の価格などを元に算出されているため、買主が見つかって売主に支払う購入金額と大きな差が出ることはあまりありません。しかし、何らかの理由で売れない場合は、査定額を下回る金額で売らなくてはいけないこともあります。

この査定額は、不動産売却や新しい住居の購入などの資金計画を立てる際に役に立ち、不動産売却には欠かすことのできないプロセスとなっているのです。

2.査定額と成約金額・売り出し金額の違い

査定額と似たような言葉に成約金額・売り出し金額があります。

成約金額は、売却金額と同じ意味で、実際にその物件が売れた時の金額を意味します。これは売買契約書に記載される金額で、売主はこの成約金額を得ることができます。

売り出し金額は、不動産を売却する際に設定する金額のことで、売主が希望する金額が反映されやすくなります。公告などに売却情報を載せた際はこの金額が掲載され、買い手は「この金額で売っているんだ」と認識するわけです。

3.わざと査定額を高く提示する不動産会社の存在

不動産業者によっては査定額を高く提示し、自分の会社と媒介契約を結ぼうとする場合があります。媒介契約を結べば、不動産会社は不動産が売れた際に仲介手数料を得ることができるので、このような手法で意図的に契約を結ぼうとします。

売主としては査定額が高いほうが魅力的に感じますが、明らかに他社の査定額よりも高い場合は注意が必要です。また、このような不動産会社に引っかからないために、複数の業者に不動産査定を依頼し、査定額を比較することをおすすめします。

センチュリー21令和都市開発は、これまで多くの不動産査定を行ってまいりました。確かな実績とデータに基づく査定額なので成約金額とも大きな差が出ず、お客様から信頼されています。東淀川区で不動産査定をご希望の方は、センチュリー21令和都市開発の無料査定をご利用ください。

売り出し金額の決め方

売り出し金額

売り出し金額は査定額を参考にして決めるのが一般的ですが、不動産会社ではなく売主が決めなくてはなりません。そこで、売り出し金額の決め方について紹介します。

1.いつまでに売りたいのか

先程も紹介した通り、査定額はおおむね3ヶ月以内で売れる金額です。それよりも早く売りたいのであれば査定額よりもやや低い金額で、いつ売れても問題ないのであればやや高い金額で設定するとよいでしょう。

2.値下げありきで考える

不動産の売却に値下げはつきものです。たとえ相場より安い金額で売られていても、買う側は少しでも安く購入したいと考えています。そのため、値下げがあることを前提に値引き分を最初から上乗せして売り出すのがおすすめです。

3.絶対にこの金額以上で売りたいという金額を決める

不動産を売却する人の多くはローンが残っていますから、できればローンが完済できる価格で売りたいというのが本音でしょう。ですから、最低限この金額で売りたいという価格をあらかじめ決めておき、大幅な値下げで後悔することがないように気をつけましょう。

東淀川区の不動産査定ならセンチュリー21令和都市開発にお任せ

査定額の正しい意味や重要性、売り出し価格との関係性について紹介しました。不動産の売却にはより正確な査定額が必要であることがおわかりいただけたはずです。

東淀川区で中古一戸建てやマンションを売却する際は、まずは正確な不動産査定を行うためにセンチュリー21令和都市開発にご相談ください。東淀川区エリアの不動産の査定や売却の実績が豊富なので、どこよりも正確な査定額を提示することができます。東淀川区の不動産売却は、査定から売却までセンチュリー21令和都市開発にお任せください。

東淀川区で不動産査定をするならセンチュリー21令和都市開発へ

会社名株式会社令和都市開発
サイト名センチュリー21令和都市開発
代表者名石原 利憲
住所〒533-0004 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目10−22
TEL06-6160-1018
FAX06-6160-1019
MAILc21@reiwa-018.com
URLhttps://www.reiwa-018.com/
営業時間10:00~20:00
定休日水曜日
事業内容不動産の売買・賃貸および仲介・管理
所属団体(公社)全日本不動産協会
免許番号大阪府知事(1)第61096号
概要大阪市東淀川区・寝屋川市を中心に、一戸建て・マンション・土地の買取・査定を行う不動産業者です。不動産買取・売却の査定は無料です。お持ちの不動産を即現金化したい方はもちろん、とりあえず相場だけ知りたい方や値段次第で売却したい方のお問い合わせもお待ちしています。大阪市東淀川区・寝屋川市で不動産買取をお考えでしたら、ぜひセンチュリー21令和都市開発へご相談ください。

ページの上部へ