ホーム  >  【大阪市東淀川区】相続不動産を売却しよう!空き家を売却するメリットと放置のリスク 土地の売却もお任せ

【大阪市東淀川区】相続不動産を売却しよう!空き家を売却するメリットと放置のリスク 土地の売却もお任せ

相続不動産である空き家を、住まないからといってそのまま放置していませんか?空き家を売却せずに放置しておくと、様々なリスクが生じます。リスクが生じる前に、不動産会社に相談して売却や有効活用しましょう。

こちらでは大阪市東淀川区のセンチュリー21令和都市開発が、相続不動産の空き家を放置するリスクと、空き家を売却するメリットについてご紹介します。

相続不動産の空き家を売却せずに放置するリスク

空き家

「売却の手続きが面倒だから」「遠方なので手入れできない」などの理由で、相続不動産の空き家を放置していませんか?空き家を誰も住まない状態で放置しておくと、様々なリスクが生じます。

倒壊の危険がある

誰も住まず手入れがされていない空き家は、老朽化が早急に進みます。老朽化が進むと地震や台風などで倒壊のおそれがあり、近隣の人の迷惑となります。

犯罪が発生する可能性が高まる

空き家の状態が長く続くと、内部の木材が腐ってきます。腐った木材は燃えやすく、不審火などが元で大火事になるおそれがあります。また、不法侵入や不法投棄など、様々な犯罪の温床となる可能性があります。

害虫や害獣が住みつく

放置された空き家では、庭木や雑草なども伸び放題になるので、ゴキブリなどの害虫やネズミなどの害獣が住みつくことがあります。野良猫の住処となることで、糞尿などの匂いで近隣に迷惑をかけてしまいます。

近隣の土地や住宅の資産価値が下がる

荒れ放題の空き家があることで、近隣の土地や住宅の資産価値も下げてしまいます。

空き家を売却するメリット 土地にも固定資産税がかかるため早めの売却を

メリットと書かれた紙

相続不動産の空き家は、そのまま放置しておくとデメリットばかりなので、早急に不動産会社に相談して売却することをおすすめします。空き家の売却には、たくさんのメリットがあります。

維持費や手間がかからない

空き家を売却する最大のメリットは、維持費や手間がかからないことです。空き家を売却せずに放置しておくと、土地と建物に固定資産税などの税金がかかってきます。また、空き家の掃除や空気の入れ替えを行う場合、手間や交通費もかかります。早急に売却することで、こういった費用負担をなくすことができるのです。

税金が高くなる

危険な空き家として「特定空き家」に指定されてしまった場合、固定資産税の軽減措置対象から外れるので、固定資産税が大幅に高くなります。

税金の優遇措置が受けられる

空き家を相続した日から3年以内に売却すれば、3,000万円の特別控除という税金の優遇措置が適用される可能性があります。

大阪市東淀川区で、相続した一戸建てが空き家になってお困りの方は、売却や空き家の有効活用についてセンチュリー21令和都市開発にご相談ください。お客様のニーズに合った売却方法をご提案いたします。

大阪市東淀川区で相続不動産の売却をお考えならセンチュリー21令和都市開発に相談を

大阪市東淀川区で空き家にお困りの方は、センチュリー21令和都市開発までご相談ください。大阪市東淀川区を中心に、高槻市・守口市・寝屋川市の一戸建てやマンションなどの不動産売却をサポートいたします。

フットワーク軽く、お客様のニーズにお応えいたしますので、大阪市東淀川区で相続不動産の売却をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

大阪市東淀川区で相続不動産売却のご相談はセンチュリー21令和都市開発へ

会社名株式会社令和都市開発
代表者名石原 利憲
住所〒533-0004 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目10−22
TEL06-6160-1018
FAX06-6160-1019
MAILc21@reiwa-018.com
URLhttps://www.reiwa-018.com/
営業時間10:00~20:00
定休日水曜日
事業内容不動産の売買・賃貸および仲介・管理
所属団体(公社)全日本不動産協会
免許番号大阪府知事(1)第61096号

ページトップへ