ホーム  >  【大阪市東淀川区】任意売却のメリット 離婚など様々な理由でローン残債があるまま売却する人が対象

【大阪市東淀川区】任意売却のメリット 離婚など様々な理由でローン残債があるまま売却する人が対象

離婚や失業などが原因で、一戸建てやマンションのローンが返済できなくなってお困りの方はいらっしゃいますか?そんな時には、任意売却をおすすめします。

こちらでは大阪市東淀川区の不動産会社・センチュリー21令和都市開発が、ローン残債が払えなくなる前に知っておきたい任意売却の詳しい内容と、任意売却のメリットについてご紹介します。大切なマイホームが競売にかけられる前に、ぜひチェックしてみてください。

任意売却とは? 離婚や失業などでローンが返済できなくなった方が対象の売却方法

サラリーマンの手のひらにはてなマーク

大阪市東淀川区で一戸建てやマンションの売却をお考えの方の中には、任意売却という言葉を目にしたことがあるという方も多いかと思います。

任意売却とは、ローン残債がある物件を売却する方法です。売却後もローン残債がある一戸建てやマンションを、金融機関などの債権者合意のもとに売却します。離婚やリストラによる失業で収入が減ってローンが返済できなくなった方や、ローンの支払いを滞納していて督促状や催告状が届いている方などが対象です。

ローンの支払いが滞納すると、債権者は一括でローン残債の返済を求めてきます。しかし、ローン残債を一括返済できないと、債権者は強制的に一戸建てやマンションを売却し、売却した代金からローン残債を回収する競売を行います。

競売にはたくさんのデメリットがあるので、離婚やリストラによる失業など様々な理由でローン残債の返済が難しくなってきたら、早めに不動産会社などに任意売却について相談することをおすすめします。

任意売却のメリット

手のひらに家のシルエット

たくさんのデメリットがある競売とは異なり、任意売却には様々なメリットがあります。

市場価格で売却できる

任意売却では、通常の物件と同じ販売方法で売り出します。市場価格で売却することができるので、競売よりも高値で売却できる可能性が高くなります。

プライバシーが守られる

競売では競売物件であることが知人や近隣の人に広く知られてしまいますが、任意売却なら通常の住み替えのように販売するので、事情を知られることなくプライバシーを守ることができます。

希望日に明け渡せる

任意売却であれば、売主として契約日や明け渡し日などの要望が通せるので、仕事や子どもの学校の都合に合わせることができます。

持ち出しが不要

一戸建てやマンションなどの不動産を売却する場合には、登記料や仲介手数料など、様々な諸経費が必要となります。任意売却でももちろん諸経費は必要ですが、任意売却では売却した代金から諸経費を支払うことが認められているので、持ち出しが必要ありません。また、マンションなどの管理費や修繕積立金、税金などの滞納金も、売却した代金から清算することが可能な場合もあります。

ローン残債を分割で返済できる

一戸建てやマンションを売却した後のローン残債は、金融機関などの債務者と相談の上、無理のない範囲で分割返済することができます。

大阪市東淀川区でローン残債の返済にお困りならセンチュリー21令和都市開発へ 任意売却について相談を

大阪市東淀川区で一戸建てやマンションのローン返済でお悩みなら、大阪市東淀川区を中心に活動するセンチュリー21令和都市開発にご相談ください。自宅売却後も住み続けられるリースバックや任意売却など、お客様のご要望に沿ったご提案をいたします。

お早めにご相談いただくことで、金銭面や精神面のご負担を早期に減らすことができるので、大阪市東淀川区で不動産会社をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

大阪市東淀川区で任意売却をお考えの方はセンチュリー21令和都市開発へ

会社名株式会社令和都市開発
代表者名石原 利憲
住所〒533-0004 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目10−22
TEL06-6160-1018
FAX06-6160-1019
MAILc21@reiwa-018.com
URLhttps://www.reiwa-018.com/
営業時間10:00~20:00
定休日水曜日
事業内容不動産の売買・賃貸および仲介・管理
所属団体(公社)全日本不動産協会
免許番号大阪府知事(1)第61096号

ページトップへ