ホーム  >  【大阪市東淀川区】一戸建て売却で住みながら売却するメリット 住み替えやリースバックの相談はお気軽に

【大阪市東淀川区】一戸建て売却で住みながら売却するメリット 住み替えやリースバックの相談はお気軽に

大阪市東淀川区で一戸建て売却する場合、空き家にしなければならないと思っている方も多いはずです。実は、リースバックなどを活用すれば、住みながら一戸建て売却をすることができるのです。

こちらでは、大阪市東淀川区で住み替えをお考えの方へ、住みながら一戸建て売却するメリットと、買いと売りどちらを先行するべきか紹介します。

住みながら売却のメリットは? リースバックもおすすめ

メリットと書かれた看板

住み替えで大阪市東淀川区の住宅を売却する場合、空き家にしなければならないと思っていませんか?

実は、住みながら一戸建て売却することができるのです。住みながら売却とはその名のとおり、売却予定の住宅で生活をしながら売りに出すことです。リースバックを活用することでも、住みながら売却することができます。こちらでは、住みながら売却のメリットを紹介します。

一戸建て売却で得た資金を次の物件の購入費用に充てられる

大阪市東淀川区で住みながら一戸建て売却する場合、一戸建て売却で得た資金を新築物件の購入など費用に充てることができます。住み替えの自己資金が少ない場合でも、住みながら一戸建て売却することで、自己資金を増やすことができます。

引越しの手間や費用が1回しかかからない

住みながら売却では、引き渡し直前までそのまま生活することができるので、引越しの手間や費用が1回しかかかりません。

買主に住み心地や周辺の環境などをアピールできる

住みながら一戸建て売却する場合、住宅の住み心地や周辺の環境などを、買主に直接アピールすることができます。

内覧時に買主が実際に住んだ場合の生活をイメージがしやすい

住みながら売却では使っている家具なども配置された状態なので、内覧時に買主が実際に住んだ場合の生活をイメージしやすいというメリットがあります。

住み替えには買い先行と売り先行のどちらを選ぶべき?

手のひらに二軒の家模型

住み替えの場合には、新居を購入してから今住んでいる一戸建てを売却する「買い先行」と、今住んでいる一戸建てを売却してから新居を購入する「売り先行」の2つの方法があります。どちらの方法が適しているのかを知るためにも、それぞれの特徴とメリットを知っておくことをおすすめします。

買い先行は資金に余裕がある方におすすめ

買い先行では、今住んでいる一戸建ての売却代金に頼ることができないので、新居の頭金の用意ができている方や、今住んでいる一戸建てと新たな住宅の2つのローンを支払える方など、資金に余裕がある方におすすめの住み替え方法です。

買い急がなくてよいので、じっくりと新居を探すことができます。また、仮住まいが必要ないので、引越しの手間や費用が1回しかかかりません。

売り先行は自己資金が少ない方におすすめ

売り先行では今住んでいる一戸建ての売却代金を、次の物件の購入代金に充てることができるので、自己資金が少ない方におすすめです。売却金額が確定しているので、次の物件の購入計画を立てやすくなります。また、売り急がなくてよいので、じっくりと売却することができます。

大阪市東淀川区で一戸建て売却をお考えならセンチュリー21令和都市開発へ 住み替えやリースバックの相談もお気軽に

住みながら売却するには、リースバックをご検討ください。リースバックなら、老後の資金や事業資金などを得ながら、売却後も住み慣れた我が家に住み続けることができます。

大阪市東淀川区で一戸建て売却をお考えの方で、リースバックや住み替えについて相談したいとお考えの方は、センチュリー21令和都市開発をご利用ください。お客様一人ひとりのニーズに正確にお応えいたします。大阪市東淀川区に密着した不動産会社としてしっかりとサポートいたしますので、まずはお気軽に査定をご依頼ください。

大阪市東淀川区で一戸建て売却のご相談はセンチュリー21令和都市開発へ

会社名株式会社令和都市開発
代表者名石原 利憲
住所〒533-0004 大阪府大阪市東淀川区小松1丁目10−22
TEL06-6160-1018
FAX06-6160-1019
MAILc21@reiwa-018.com
URLhttps://www.reiwa-018.com/
営業時間10:00~20:00
定休日水曜日
事業内容不動産の売買・賃貸および仲介・管理
所属団体(公社)全日本不動産協会
免許番号大阪府知事(1)第61096号

ページトップへ